外壁塗装業者なら専門業者にお任せ|優良業者の選び方とは

耐久性を重視する場合

フッ素系の塗料が良い

塗装作業

仙台市には的確な作業で外壁塗装を行ってくれる業者がたくさん展開しています。
自宅外壁が劣化しているなら、家を長持ちさせるためにも業者に依頼してきれいな状態に戻してもらうことが大切です。
外壁塗装と一口に言っても使用される塗料は様々で、それぞれに特徴が違ってきます。
特に耐久性の面で違いが出てくるので、予算や将来を見据えて的確なものを選択する必要があります。
仙台市の外壁装業者なら幅広い塗料に対応しているため、都合に合わせて選ぶことができるでしょう。
塗料の耐久性を重視する場合は、耐久年数が15年から20年となるフッ素系の塗料が向いています。
フッ素系の塗料は高い密着力を備えていて、湿気や雨、紫外線など厳しい環境に長く耐えることができます。
この性能が高い耐久年数を実現させており、自宅の外壁塗装に選択する方も多く存在しています。
フッ素系塗料の単価は4,000円から5,000円程となり、外壁塗装の相場としては比較的高めになります。
ただ、耐久年数が10年程となる塗料の料金と比べても、金額はおおよそ倍の数字に止まるため、20年のスケールで費用を比較すれば大きな差は生まれません。
仙台市の業者も多くがフッ素系塗料での施工に対応しているので検討してみましょう。
実際に外壁塗装が行われる際には足場が設置されるため、施工の障害となるものは事前に片付けておくことが大切です。
鉢植えや車などは予め移動させた上で業者の到着を待ちましょう。
仙台市の業者なら、足場を設置する段階から施工終了まで妥協のない確実な作業で進めてくれます。

外壁塗り替えのメリット

一軒家

日本の一般的な住宅の外壁は、土とセメントで作られたモルタルかサイディングという素材が使われています。
しかし、モルタルとサイディングだけでは、雨や外からの湿気を吸収して水分が溜まり、内部の木材や断熱材を腐らせる原因になります。
そこで、モルタルやサイディングに塗料を塗り、塗料の皮膜で防水しています。
つまり、外壁塗装は住宅の防水目的で行っているのです。
もちろん、外壁塗装には住宅を綺麗に見せて、個性を出すという役割もあります。
このような様々な効果を持つ外壁塗装は、紫外線や風雨を受け続けるにしたがい、年々、劣化が進むようになります。
最初は、塗料が膨れや剥がれが起こるようになり、ヘアクラックと呼ばれる細くて小さなヒビが入ります。
そして、モルタル素材やサイディングにヒビが入り、雨が入り込み始めます。
このまま、放置すると室内全体が腐食してしまい、住宅の構造が弱体化してしまいます。
このような状態になると、外壁塗装工事と住宅のリフォーム工事が必要になってしまいます。
外壁塗装は10年ごとに塗り替えると、防水効果と美観効果を維持できるといわれています。
塗料の劣化を発見しなくても、建築から10年経ったら仙台の塗装業者に外壁塗装を依頼しましょう。
仙台の外壁塗装の費用相場は70〜100万円程度となっており、塗料の種類、塗装範囲、依頼する業者によって費用が異なります。
ですから、1社で決めてしまわずに仙台の複数の業者から相見積もりをしてから決めることが重要です。
仙台は、夏は暑く、冬は気温が低く一年の温度差が高いエリアで、塗料も温度による影響を受けます。
また、海が近いエリアは塩害で塗料が劣化しやすくなります。
建築から10年経っている住宅や塗料の劣化が始まっている住宅は、早めの外壁塗装工事がおススメです。

自分で行う方法については

ペンキ

仙台で住宅の外壁のリフォームを行う場合は、複数の業者に見積をとって、その中から一番安い工事価格を提示してきたところに依頼することも出来ます。
しかし、住宅の規模も小さくて、塗装工事の面積もそれほど広くない場合には、自分でこれを行うことも出来ます。
仙台で平屋建て住宅の場合であれば手軽に行えます。
塗料を選ぶ上では、塗り替えの時期を考慮して種類を決め、ホームセンターに足を運びます。
そして、水性塗料やシーラー、刷毛などの道具を買い揃える必要があるのです。
外壁塗装では他にも、ローラーや養生テープ、塗料を解くためのプラスチック容器といったものを用意しておかなければなりません。
さらに、ポリバケツやシーリング材、命綱なども必要な道具として挙げられます。
仙台で外壁塗装を行う場合には場合によっては汚れを取り除くために、高圧洗浄を行って乾燥するのを待つことになります。
仙台の外壁塗装で鉄部や木部の部分では、塗装の剥がれがあるとこれをサンドペーパーなどで取り除いておくことが大切です。
養生テープは、外壁塗装で塗料が付着するとまずいところは前もってこれでマスキングしておきます。
外壁塗装でシーリングの収縮している部分は、取り除くかその上から追加するようにします。
鉄部は錆止め塗装を行ってから塗装すると良いものです。
まずシーラーと呼ばれる下地調整剤を塗布し、その上に下塗りと中塗り、上塗を行って行きます。
塗料などは説明書きを良く読んでから作業を始めると良いものです。
軒天部分では塗装中転倒しないように注意し、ロープや命綱を有効に活用するようにします。
塗装は上方向から下方向へと進めます。
足場板があれば、脚立と梯子などを組み合わせて効率よく塗装を行うことが出来ます。
全ての塗装が完了すると養生テープを取り外します。